カウンセリング

きれいな肌を目指す

皮膚科で受けられる顔や首のいぼの治療方法として、液体窒素療法があります。この液体窒素療法を受けるとなると、かさぶたがある期間はなくなることはないので、そのことを頭に入れながら日々の生活を送るようにしましょう。

女の人

美しい肌を手に入れる

いぼにはウイルス性のものと非ウイルス性のものがあり、ウイルス性のものは病院で治療を受ける必要があります。様々な治療方法がありますが、痛みが少なかったり費用が安かったりなど、それぞれの治療方法にはいくつかのメリットがあります。

悩みをなくすために

ナース

やり方とその良い点とは

首や顔にいぼができて悩んでいる方も、たくさんいるでしょう。その際皮膚科へ行き、治療を受けることを考える方もいるかもしれません。いぼ治療ですが、まずはじめに頭に浮かぶのが液体窒素を用いたものでしょう。健康保険を利用することもできるので、どの皮膚科でも治療を行っているほどメジャーなものでもあります。特徴としては、マイナス196度で皮膚を凍らせることで、皮膚の細胞を壊していきます。そして、壊された皮膚の細胞に関しては、しばらくするとかさぶたがつくられ、自然に剥がれるという流れになっています。液体窒素を使用する場合の良い点ですが、施術を受けた後のケアを必要としないということが挙げられます。また、難しい治療ではないので、気軽に皮膚科へ行き施術を受けられることも良い点でしょう。それから、ウイルス性のいぼやそれ以外のいぼが混ざっていても特に影響はないため、どの治療が適しているのか悩んだ際、よく用いられる治療方法です。つぎに、電気メスを使用する治療があります。健康保険を利用してレーザーを使う場合、実のところレーザーとは異なり、電気メスを使用して治療していくことがほとんどです。電気メスを使うやり方に関しては、ガスバーナーを使い、焼きながら取り除くようなイメージを抱いてもらえれば、理解しやすいでしょう。その際、良い点には何があるかというと、治療は一回で済ませられるということが挙げられます。それと、健康保険がきくため、いぼの数があまりない場合は1500円から、60個以上ある場合は12000円ほど費用がかかります。また、炭酸ガスレーザーを使用するやり方があります。首にあるいぼをなんとかしたいという場合、使用するレーザーのほとんどがこのタイプです。レーザーを使用するやり方に関しては、健康保険がきかないため、すべての費用は自分で出す必要があります。炭酸ガスレーザーの特徴としては、ピンポイントで取り除くことができ、サイズが小柄なものであってもきちんと除去できます。良い点として挙げられるのは、一回だけで治療を完了でき、そして電気メスを用いた場合と比較しても、傷跡がほとんど残らないということが良い点でしょう。

医者

まずは病院に行きましょう

いぼで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。自分で治療する方法はお勧めしません。どんなに小さないぼでも、病院で治療を受けるようにしましょう。液体窒素を使用する治療が一般的ですが、レーザーを当てる方法だと痛みも少なく綺麗に仕上がります。

顔を触る人

今の肌から抜け出すために

首元などのいぼが気になる場合、完全に取り除くには皮膚科へ行き、治療を受けることが大事です。ただし、皮膚科によっては治療費が変わったり、治療方法により保険適用外になったりするので、そのことを意識しておきましょう。

水着の人

体を綺麗にするアプローチ

電気分解といういぼ治療方法は、アフターケアの手軽さが売りの施術方法で、費用も手軽なので多くの人が医師に相談を持ち掛ける程の人気になっています。また治療に使う機材を変える事で、体やいぼに合わせた治療もできる点も人気です。