医者

まずは病院に行きましょう

医者

気になる費用と除去方法

いぼで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。悪性のいぼなら、もちろん除去をしなければいけません。例え良性であっても、顔などの目立つ場所にできた場合、いぼ治療をしたいと考えている方は多いでしょう。では、いぼを治療するにはどうしたら良いでしょうか。自分で治療する方法はお勧めしません。除去跡が残ることはもちろんのこと、傷から菌が入り込み、症状を悪化させることがあります。ですので、どんなに小さないぼでも、病院で治療を受けるようにしましょう。いぼ除去方法を3種類と、それに掛かる費用などを紹介します。まずは、レーザーによる除去方法です。いぼにレーザーを当てて、それを丸ごと除去します。除去する箇所にだけ、レーザーを当てますので、その周りの肌には影響が少なく、とても負担が少ないです。また、痛みが少ないのも良い点です。傷跡も綺麗になくなるのが特徴です。治療期間は個人差がありますが、3ヵ月〜6ヶ月で終わり、費用は1mm辺り、2000円〜5000円前後です。期間は短く、費用も安いので、とてもお勧めな除去方法です。次に、液体窒素での除去です。マイナス196度の液体窒素を利用して、いぼを壊死させます。もちろん、直接いぼにかけるわけではありませんので、安心してください。液体窒素で凍らせた綿棒の様なものを、いぼに押し付けて、組織を壊死させながら、除去します。治療期間は、レーザーと同じで、個人差がありますが、3ヶ月〜1年ほどです。一回の治療時間が5分程ですので、まとまった時間が取れない方にお勧めです。痛みは多少あります。液体窒素を使う除去方法は、健康保険が適用されますので、安い費用で、除去することができます。一回の治療で1000円ほどです。治療回数は5回〜10回ですので、早く治療が終わった方は、5000円と安い費用で済みます。最後に、内服薬での除去方法です。ヨクイニンという漢方を飲む方法です。効果が現れるまで3ヶ月から6ヶ月かかると言われています。費用は1ヶ月で1300円ほどです。ただ注意点があります。流産リスクを高めると言われていますので、妊娠中の方だけは、使用を控えてください。