女性

少額で投資をしたいならみんなで大家さんが最適

得られる節税効果

マンション

具体的な効果とは

会社員がワンルームマンションを購入しマンション投資を始めた初年度は、かなりの節税効果を得ることができます。理由は、ワンルームマンションを購入したときにかかる税金や修繕費・備品などの費用が発生するからです。具体的には、減価償却費・借入金利息・固定資産税・不動産取得税・修繕費・管理費・交通費・火災保険や地震保険・税理士に依頼したときはその報酬などがあります。ワンルームマンションを購入してマンション投資を始めると、これらの経費が初年度のみにかかる場合もあれば、2年度以降もかかるものがあります。マンション投資によって得られる収益からこれらの必要経費を引いた後の収益に税金はかけられます。もし、このとき赤字になったときは控除される税金の額は大きくなり、かなり節税することができます。この場合に節税できる税金は、毎月源泉徴収されている所得税のことであり、年末に確定申告を行うことで還付を受けられます。通常会社員は会社のほうで税金を計算し、納付まで行ってくれるので税金が節約できることはないものです。しかし、マンション投資を行うと所得税を節約することが会社員でも可能です。ここで不安に感じるのは、赤字になるから所得税が安くなるという点ですが、ポイントは必要経費の減価償却費です。この減価償却費は、実際に現金が減るのではなく、帳簿上の価値が下がっていくことを表しています。ので、ワンルームマンションの資産価値は帳簿上はなくなっていくけれども、収益を上げることができれば、その分税金負担を軽くすることができます。