医者

きれいな肌を目指す

カウンセリング

覚えておきたいこととは

首・顔などの皮膚に生じたいぼを治療していく場合、液体窒素療法で行っていくのが一般となっています。液体窒素というのは、普段の生活においてはそこまで目にするものでもないため、どういったやり方で行うのか不安を抱える方も多くいるかもしれません。液体窒素療法とはどんなものなのかというと、一言でいうと皮膚の細胞を凍らせてたり溶かしたりを繰り返し行っていく方法になります。その際利用する液体窒素の温度はどの程度かというと、マイナス196度です。この限りなく温度が低くなった液体を綿棒などに含ませていき、ウィルスにさらされているポイントに低温やけどを負わせ、ウィルスが潜んでいる皮膚の表皮細胞を壊していきます。液体窒素療法でやっていくことでウィルスが潜む表皮細胞が破壊され、しばらくしてかさぶたとなり、やがて自然になくなります。ここで気をつけることとしては、首や顔のいぼの治療を行う場合は2週間程度はかさぶたが目立ってくるので、そのことを意識しておきましょう。よって、何か緊急を要する予定が入っている前には避けることがポイントです。かさぶたがなくなり、デコボコのある皮膚から元の皮膚に近い状態になれば、一回のみの治療で終えることができます。仮に、もしデコボコがまだあるようであれば、次の治療を受ける必要があります。2日目に治療を行ったポイントが、水ぶくれになってしまったりその後血マメのようになったりしても、いずれは黒みを帯びたかさぶたになるため、安心して待ち続けていれば何も問題ありません。その反対に、治療した範囲以上に周囲が赤くなったり水ぶくれに穴が空いたりした場合は、クリニックにできるだけ早く足を運び、医師と話し合うようにしましょう。また、液体窒素を用いて治療すると痛みが生じるかに関しては、正直なところ若干痛いを感じるかもしれません。しかし、治療するいぼの位置によっても痛みの具合は異なってくるため、どの部分にいぼがあるかで痛みに対しての捉え方には変化があります。それから液体窒素療法に関しては、皮膚科で治療を受けることができます。ですので保険がきくため、どの皮膚科であっても治療していけるという良い点があり、多くの方が安心して利用できるでしょう。