女性

少額で投資をしたいならみんなで大家さんが最適

家賃収入の仕組み

女性

管理会社次第で収益に違い

自分で賃貸物件を所有されていれば、その物件を直接運営したり管理会社に委託したりするができます。そして、十分な家賃収入が得られるのです。しかし最近では不動産を所有していないサラリーマンの方でも、不動産投資を行うことで家賃収入を得ることができます。この不動産投資は運営する不動産会社によって、収益に大きな違いが生じると言われています。不動産収入は安定収入と言われていますが、リスクもあります。一番に考えられるのが空室リスクです。人気のある物件は駅近であり、周辺環境や居住設備が整っていればほぼ部屋は埋まります。これらの条件が悪くなることで空室率が多くなり、家賃収入が入らないといった事態に陥ることに繋がります。不動産投資の場合には一つの物件だけではなく、多くの物件を組み合わせた複合的な投資商品となるケースが多いです。そのため、空室の多い物件を投資商品に組み入れられてしまうということもあります。こうしたリスクに対応するために大手の不動産会社では、家賃保証制度を導入しています。家賃保証は物件のオーナーから不動産の管理会社が売買契約の委託を受けることで、空室になっても不動産会社が家賃保証をしてくれるというものです。家賃保証によりオーナーや投資者は、家賃収入が滞ることなく安定して収入を得られることになります。ただし運営方針は不動産会社にすべて委ねられることになるので、市場の相場よりも家賃を低く設定され家賃収入が下がってしまう弊害もあります。不動産投資会社を選ぶ場合にはこうした点も勘案した上で、会社の規模や収益力、家賃収入の配分率などを比較すると良いでしょう。